☆超簡単マネージング☆過去を乗り越え新しい自分に変身する方法!!

      2017/08/10

《スポンサードリンク》

人にはそれぞれ人生という名の物語(ストーリー)があります。

楽しかったストーリー、うれしかったストーリー、せつなかったストーリー、悲しく辛かったストーリーetc….

様々なストーリーを体験してきたことと思います。

それらのストーリーが全て折り重なって現在の自分という主人公が出来上がっています。

でも、どうでしょう?

今までの良かったストーリーと悪いストーリー、どちらのストーリーを多く思い出せますか?

辛かったり、苦しかったりの悪いストーリーの方が印象強く残っていませんか?

 

実はそれがあなた自身を縛りつけています。

自分で作り、自分で飛び込んでしまっている『カゴ』から脱出し、新しい主人公に変身する方法とは!?

脳の構造について

人間の脳は他の生物より進化しています。

脳とは

  1. 爬虫類脳(脳幹)
  2. 旧哺乳類脳(大脳辺縁系)
  3. 新哺乳類脳(大脳新皮質)

から成り立っています。

 

1は最も原始的な部分です。

2の大脳辺縁系は感情を司り、いわゆる動物脳と言われている部分です。

3の大脳新皮質は知性や理性、言語を司る部分で、いわゆる人間脳と言われています。

 

高等な生物であるほど、3の人間脳が発達しています。

 

実は脳はメリットが大きい方を選択するようにできています。

 

人間脳で考えるメリットよりも、爬虫類脳や旧哺乳類脳で感じるメリットを強く感じてしまいます

 

簡単に言えば、野生では生き抜くために必要な最小限のエネルギーしか消費しようとしません。

繁殖のために自分の命を守るのが最優先ですから、必要以上のエネルギーを消費するような冒険的行動はしないわけです。

 

あなたも経験ありますよね?

人生をもっといい方向に変えたいと思うなら、即○○をするすべきだ!!

と思ってもなぜか行動を起こせない・・・・。

 

こういうときは、脳は行動しないメリットの方を強く感じています。

動物脳の働きが強くでているんです。

 

寝ちゃおう!!とか、遊びたい!!とか、TVを見たい!!とか、何となく携帯をいじってしまって時間ばかり過ぎてしまうとか・・・。

本能的な欲求に負けてしまっているんです。

 

また、失敗するかも知れないなどのデメリットを恐れるがため、無意識に行動しないということにメリットを感じてしまっているんですね。

これも防衛本能というべきでしょうか?

 

しかし、人間脳はそんな動物脳に簡単に介入する事ができます

《スポンサードリンク》

 

イメージが大切です!!

ここに握力計があったとします。

好きな人、好きな食べ物、好きな動物などを明確に思い浮かべながら思いっきり握った場合と

嫌いな人、嫌いな食べ物、嫌いな虫などを明確に思い浮かべながら思いっきり握った場合、

どうなると思いますか?

 

嫌いな○○をイメージしながら握った方が数値が低くなるはずです。

明らかに力が入らないんですね。

 

こういう脳のメカニズムにより、

セルフイメージが低いと学習力、記憶力など、脳の力が全般的に下がってしまいます

逆にセルフイメージが高いと脳の力全般がアップし、知識やスキルもドンドン吸収できます

 

しかし、冒頭で質問した通り、人の過去の記憶は辛かった時や苦しかった時のほうが強く印象に残ってしまいます。

それがネガティブフィードバック

つまり失敗した時の人生のストーリーからネガティブな記憶を多く引き出してしまいます

 

その結果、

 

『どうせまた失敗するんじゃないか?』

『やっても無駄になるんじゃないか?』

『また辛い思いをする結果になるんじゃないか?』

『どうせ自分なんて・・・・』

 

というセルフイメージが湧いてきてしまいます。

 

それでは、とてもじゃないけど行動に移せるわけないですよね。

でも、具体的なアクションをおこさなければ何もかわらないのは揺るぎのない事実です。

 

 

 

『失敗』と『自分』を分離しましょう!!

失敗したときに『自分はダメな人間だ・・・・。』などと考えてしまったら、

それは失敗と自分を同一視してしまっています。

辛くなるだけで何もプラスになりません。

 

ここは考え方を工夫し『失敗と自分』を分離してかんがえましょう。

 

《失敗の原因は何か?》

《どうすれば失敗しなかったか?》

《次回成功するためにはどうしたらよいのか?》

 

そう考えたら『失敗』と『自分』が分離します。

そうなると全ての経験がハッピーな人生のストーリーを創るために必要なパーツに早変わりします。

 

過去のセルフイメージから脱却し変身するときです!!

いよいよ動物脳に人間脳で介入し、過去の低いセルフイメージからスーパーサ○ヤ人に大変身しましょう!!

 

アファメーション(イメージを伴う自己説得)というテクニックがあります。

これを続けると、人間脳が動物脳に介入する習慣がつきます。

 

そうなると動物脳のパワーをコントロールし、味方につけ、脳の機能を全体的にアップすることができます。

記憶力、学習力、集中力、判断力etc.

 

やる気も出てきます。

セルフイメージもグングンアップしていきます。

 

アファメーションは単なる自己暗示とは違います。

 

梅干をイメージすると、口の中が唾液でいっぱいになりますね?

それくらい臨場感を持った理想の未来をイメージしつつ、自分を前向きな言葉で説得する方法です。

 

それにアレンジを加えてみましょう。

理想の未来をイメージしながら『すでに○○になっている!!』と自分を説得するのではなく、

 

理想の未来をイメージしながら家族や仲間たち、周囲の人たちの幸せそうな笑顔もイメージし、

『○○(理想の未来)となることで、○○(具体的な名前)も幸せで、○○さんも幸せで、○○さんも幸せで、私も幸せ~!!』

と、情感を込めて言葉に出しましょう。

 

運と不運の法則の一つに、

人を幸せにした分だけ自分にも幸せが訪れるという絶対法則がありますからね。

 

さあ!!これから新しいハッピーなあなたのストーリーの幕開けです!!

 

《この記事を気に入ったら『いいね!』『シェア』『ブックマーク』をお願いします 😀 》

The following two tabs change content below.
皆瀬 敦プロフィール

皆瀬 敦プロフィール

名前 皆瀬 敦(みなせ あつし) 東京都生まれ。血液型O 星座は蟹 ラーメンと沖縄をこよなく愛する webセールスコピーライター&今すぐ役立つ!!超簡単マネージング塾 講師。 幼少期と高校時代を父方ゆかりの地である鳥海山麓の湊町酒田ですごす。 青春時代は野球に情熱をかたむけ、社会に出てからは営業職、運送業、 整体師、飲食店経営などに従事する傍ら、 格闘技指導員、シンガーソングライター、ミュージカル俳優を こなすなど、その活動は多岐にわたる。 沖縄移住を夢見つつ現在は名古屋市に在住。

 - マネージング, 生き方, 生活の知恵, 雑学 , , , ,