価値を生み出す信頼関係を構築する方法 入門編

      2017/10/11

《スポンサードリンク》

価値を生み出すためには、『人・物・金』を動かす必要があります。

でも、物も金も実際に動かすのは人ですね。
である以上、やはり人を動かせなければ価値は生み出せないということになります。
『人材=人財』といいますが、正にその通りです。

一人の人間にできる事って限りがありますよね?
これは当たり前の事ですが、より多くの信頼できる仲間がいれば、
その分だけ大きなムーブメントを起こすことができます。
それが大きな成果や結果につながっていきます。

人や組織を取りまとめ、面倒を見ることができる人、周囲のお世話をできる人、
つまりマネージメント能力があり、真のリーダーシップを発揮できる人になれば、
どこへ行っても重宝されます

その人がいるか?いないか?で成果が変わってくるからですね。

では、どうすれば信頼関係を構築し、リーダーシップを発揮できるのか?に迫ってみましょう。

ネットラジオDEちょうかいざんオロシはコチラ

理屈と感情

人は理屈では絶対に動きません
それは老若男女同じです。
一般的に男性の方がより理論的、女性のほうがより感情的であるというだけです。

では、どういう時に人は動くのか?
それは何かしらの感情が揺さぶられた時なんですね。

例えば、あなたがガソリンスタンドに行って給油した時をイメージしてみてください。

店員さん
お車、無料点検しときましょうか?
あなた
ああ、おねがいします。

というシチュエーションになったとしますね?

 

店員さん
バッテリー弱ってますから、お早めに交換してくださいね。

と言われるのと、

 

店員さん
バッテリー弱ってますね。

このままだと出先で突然エンジンかからなくなりますよ。

と言われるのと、

どちらが

あなた
ヤバイ!!すぐ交換しなきゃ!!

 

と思いますか?
間違いなく後者ですね。

これは、あなたの『ヤバイ!!』という感情、つまり不安感と恐怖感が揺さぶられたからなんですね。
そこで、更にバッテリーの状態を計測する機器を使って、数字で《証拠》を見せられたら、
増す増す感情が揺さぶられて、バッテリーを買う気になってしまうでしょう。

でも、実はバッテリーが欲しいわけではないんです。
バッテリーを買うことによる安心感が欲しいからお金を払っているんです。
この場合、その対象がバッテリーであった、というだけなんです。
これが人間の行動原理の1つなんですね。

これは、例えば上司が部下に何かを命じる時や、同僚や仲間に何かをお願いする時も全く同じです。

『AはBです。BはCです。だからAはCです。お願いします。』
と、やる必要性や理由、意味を説明するのは間違いなく重要なことです。
しかし、そこで終わってしまうとただ理屈を押し付けるだけになってしまいます。

イヤイヤだったり、メンドクサイ、必要なのはわかるんだけど何で自分が?
などの反発も出てくるでしょう。

 

しかし、相手が何にメリットを感じるのか?の感情を揺さぶるポイント押さえ、
そこを刺激すれば、すぐに動いてもらえるようになります。

相手
人の役に立ちたいな。
あなた
これをやって貰えたら、

みんなが助かるよ。

 

相手
自分の力を認めて貰いたいな。
あなた
君の実力を発揮するチャンスだよ。

 

相手
とにかく給料UPだ!!
あなた
この努力が査定に響くんだよね!!

など、
相手の感情を満たしてあげればモチベーションも上がり、
気持ちよく動いてもらえるようになります。

 

《スポンサードリンク》

ネットラジオDEちょうかいざんオロシ

 

理想と情熱と共感が信頼関係につながる

人を感化し、その気にさせ、やる気を出させるのがリーダーシップです。
では、人はどんな時にやる気を出すのか?
そして『この人の事を信じてやってみよう!!』と思うのか?です。

それは

  1. 理想(理念)
  2. 情熱(パッション)
  3. 共感

です。

 

幕末の明治維新を見てもわかりますね。

 

この3つの大きな要素が一つ欠けてしまうと、
周囲は
『(すごいとは思うんだけど)私にはあまり関係ないかな?』
となりがちになります。

まずはあなたがどうしたいのか?その結果、関わる人たちにどうなって欲しいのか?
という夢を熱っぽく語り、具体的なアクションを起こしつつ、
周囲の人たちに気配り(感謝)を忘れなければ、
共感してくれる仲間は間違いなく増えていきます。

夢に社会貢献や周囲の幸せのためなどの大義があれば、
あなたのファンにだってなってくれるでしょう。

そうなれば、何の見返りも無くても、損得抜きで動いてくれるようになります。

あなた
それができたら簡単だ!!できないから困っているんじゃないか!!

という声が聞こえてきそうですが、
これに関しては、
あなたが理想とする未来を明確にイメージし続け、
今やるべきことに向かってアクションを続けるしかありません!!
率先垂範ですね。

 

共感を呼ぶ仲間意識を構築するには?

人は合わせ鏡のようなものです。
自分を理解して欲しいと思うなら、先ずは相手を理解するように努めましょう。

相手
私はこう思います。
あなた
それは違うね。

と頭ごなしに否定してしまうと、例えあなたの意見が客観的に見て正しかったとしても、
相手はあなたを無意識に敵とみなします
人格や存在そのものを否定された、と受け取られる場合もありますので注意してください!!

これとは逆に、

相手
私はこう思います。
あなた
なるほど。それもいいね。

でも私はこう思うんだけど、どうだろうか?

と、相手と同じ目線に立って、その意見や存在を認めてあげるようにすれば、

『この人は自分の事を理解してくれる。』『この人の話なら素直に聞ける。』
と思ってもらえるようになります。
それが、やがて親近感や仲間意識に変わっていきます
それが積み重なると、段々と信頼関係に変化していくようになります。

同志の誕生ですね。
その人は、あなたにとって価値を生み出す財産の一つになるでしょう。

 

嘘や誤魔化しは禁物です!!

相手を自分のテクニックで思い通りに操ってやろう!!と思っていると、
それは相手に確実に伝わります。

その時、相手は嘘をつかれているような、何だか上手く誤魔化されているような感覚になります。

それ一つで、それまで積み上げたことが音を出して崩れるような事にもなりかねません。
自分でも気がつかないうちに、独りよがりになってしまっていませんか?

相手の立場から考え、心底相手を想う気持ちは信頼感や共感を得る上で最も重要なことです。

人の想いに宿る力についてはコチラからどうぞ

 

まとめ

かつては僕自身は独りよがりでした。
自分の理想や意見を押し付けて満足するタイプだったんですね。
『実力はあるのに、今一つ人に認めてもらえないね。』と何人からか指摘された事もありました。

もちろん、人の協力が得られないから、何をやっても上手く行くはずもないですよね?

でも、

《人を認めると、自分も認めてもらえる》
《人に愛想よくしてると、相手も愛想よく接してくれるようになる》
《人を大切にすると、自分も大切にしてもらえる》
《人の話を聞くと、こちらの話も聞いてくれる》

という事に気づいてからはガラッと対人関係が改善されました。

自分が変われば周囲の評価も環境も間違いなく変わります!!

結果として未来が変わっていくんです

そして、自分を変え、成長し、成功するためには、
あなたが普段使っている言葉や運の要素も大変重要です。
よかったらこちらの記事も読んでみてください。

きっとあなたのお役に立てると思います。

お試しください!!誰でも今すぐ運が上向く方法!!

過去を乗り越え新しい自分に変身する方法!!

《スポンサードリンク》

The following two tabs change content below.
皆瀬 敦プロフィール

皆瀬 敦プロフィール

名前 皆瀬 敦(みなせ あつし) 東京都生まれ。血液型O 星座は蟹 ラーメンと沖縄をこよなく愛する webセールスコピーライター&今すぐ使える!!人材マネージメント 講師。 幼少期と高校時代を父方ゆかりの地である鳥海山麓の湊町酒田ですごす。 青春時代は野球に情熱をかたむけ、社会に出てからは営業職、運送業、 整体師、飲食店経営などに従事する傍ら、 格闘技指導員、シンガーソングライター、ミュージカル俳優を こなすなど、その活動は多岐にわたる。 沖縄移住を夢見つつ現在は名古屋市に在住。

 - マネージメント, マネージング , , ,