ビジネス上の誘いを上手に断る方法!!

      2018/04/10

The following two tabs change content below.
皆瀬 敦プロフィール

皆瀬 敦プロフィール

ペンネーム 皆瀬 敦(みなせ あつし) 東京都生まれ。血液型O型の星座は蟹座。 ラーメンと沖縄をこよなく愛するwebセールスコピーライター&今すぐ使える!!人財マネジメント講師。 幼少期と高校時代を父方ゆかりの地である鳥海山麓の湊町酒田ですごす。 青春時代は野球に情熱をかたむけ、社会に出てからは営業職、運送業、整体師、飲食店経営などに従事する傍ら、格闘技指導員、シンガーソングライター、ミュージカル俳優をこなすなど、その活動は多岐にわたる。沖縄移住を夢見つつ現在は名古屋市に在住。

 

相手から仕事の依頼や食事などの誘いを受けても、
時には断らなければならない時も必ずあります。

 

 

他の仕事と納期が重なってるから
正直言って今回は厳しいな・・・・。

 

とか、

 

え!?安くない?
その単価ではちょっとやりたくないんだけど・・・・。

 

とか、

 

実はこの人苦手なんだよな・・・・。
一緒に食事は今回はちょっとカンベンだな・・・・。

 

とか・・・・。

 

その時々で様々な断りたい理由があるでしょう。

 

でも、今までの義理や今後の付き合いのため、
そして社会通念上のビジネスマナーとしても、

 

相手からの印象が悪くなるのだけは、
なるべくなら避けたい!!

 

相手をなるべく傷つけずに
上手く断りたいんだけど・・・・?

 

 

それが本音じゃないかと思うんですね。

 

でも、実際どこでどういう風に人脈がつながって
仕事に結びつくのか分かりません・・・・。

 

特に人脈は経営者や個人事業主にとっては
死活問題です!!

 

だからといってですよ、
無理をして依頼や誘いを受けてしまうと
あなたに無理が重なってストレス過剰となってしまい、
結果として相手からの印象を悪くしてしまいかねません。

 

『断りにくい・・・・、だけど人間関係を崩さずに、
なんとかソフトな姿勢で上手く断りたい・・・・。』

 

ええ!!ありますよ!!
そんなあなたにピッタリの上手な断り方が!!

 

このサイトのネットラジオ版はコチラ

 

《スポンサードリンク》

 

 上手に断る場合のNG行動パターン

断りにくい依頼や誘いを人間関係を崩すことなくソフトに上手く断る上で、
絶対にするべきではない2つのNGパターンがあります。

 

先にそれから説明しますね。

 

それは

  1. 攻撃的主張(アグレッシブ)
  2. 非主張的反応(ノン・アサーティブもしくはパッシブ)

です。

 

1、攻撃的主張(アグレッシブ)

そんなのやれるわけないですよ!!

 

こんな自分本位な断り方や一方的な主張では、
人間関係を崩してしまうだけです。

 

やたらと強がって見せたり、
相手や周囲に責任を転嫁するのも
これに該当します。

 

言っている内容は同じでも、
言い方一つで反論にも建設的な意見にも聞こえてしまいます

 

相手の立場に立ってイメージし、
自分だったらどんな言い方をされたら聞き入れやすいか?
を考えてみましょう。

 

そして、なるべくソフトな言葉を選ぶようにしてください。

 

非主張的反応(ノン・アサーティブもしくはパッシブ)

(仕方ないから)・・・・、
やりましょう。

 

冒頭でも言った通り、
波風を立てたくないばかりに自分の気持ちや主張を押し殺してしまい、
相手の言いなりになってしまうと大きなストレスを抱えてしまいます。

 

人間の脳もコンピューターと同じで、
ストレスなどの負荷が掛かると機能が低下し、
情報の処理速度も低下してしまいます。

 

さらに負荷が増大するとバグります!!

 

実はその脳のバグが
普段なら有り得ないようなミスを連発したり、
訳のわからない言動をしてしまったり、
ちょっとしたことで突然キレてしまったり、
ウツ状態を引き起こしたりする原因なんです。

 

そして、
ストレス値は自分でも気がつかないうちに、
無意識のうちに増大していきます。

 

特に気持ちが前向きにならなくなってきたら要注意!!ですね。

 

ストレスから逃れて前向きな気持ちを取り戻す方法はこちら

 

ですから、引っ込み思案や他人に任せ過ぎであったり、
相手の意見に対して沈黙してしまう傾向であったり、
やたらと弁解がましい態度をとってしまう傾向があるなら、
それらは改めることも必要ですね。

 

続いてソフトに上手く断る方法を解説します。

 

《スポンサードリンク》

 

 主張的反応(アサーションもしくはアサーティブ)テクニックを使う!!

一番上手な断り方は

 

丁寧な言葉でハッキリと断る!!

 

です。

 

申し訳ないと詫びながらも自分の言いたいことを主張することを
アサーションもしくはアサーティブと呼びます。

 

このアサーションテクニックには

  1. 誠実
  2. 率直
  3. 対等
  4. 自己責任

の4つの柱があります。

 

では、一つひとつ順を追って説明しましょう。

 

誠実であること

あなたが困っているのは本当に理解している。だけど本当にゴメンなさい。

 

ビジネス上でもなんでも、
人との信頼関係をシッカリと築くことは一番重要です。

 

相手を誤魔化そうとしたり、相手をあやつろうとすると、
最初は上手く行ったとしてもいずれ必ずバレます・・・・。

 

相手だって、見ていないようで
シッカリとこちらの言動を観察しています。

 

ですから相手との信頼関係を築くためには、
ウソ偽りは厳禁です!!

 

いついかなる場合も正直に真心を込めて対応することを心がけましょう。

 

率直であること

今、忙しくて手が離せません。汗

 

まわりくどかったり
オドオドした言い方だと、
あなたの気持ちや現実的状況が
相手に上手く伝わり難くなります。

 

攻撃的になってしまうのは厳禁ですが、
ハッキリとシンプルな分りやすい言葉で
あなたの今の状況や気持ちを伝えましょう。

 

対等であること

okです!!
では、こちらの条件も聞いていただけますか?

 

例えばこちら側の方が立場が上だったとしても、
こちらの方が年齢が上だったとしても同じ人間です。

 

ですから、
相手に敬意を払いつつ尊重しましょう

 

必要以上に卑屈になったり、
必要以上に高圧的になったりしないように
心がけてください。

 

あなたが提示した交換条件と相手の条件が合わない場合は

 

相手
ん~・・・・。
じゃあ、また今度でいいわ。

 

と、結果として上手く断れる可能性が増します。

 

交渉力をUPしたい人はこちら

 

自己責任を持つこと

もし、関係が悪くなっても仕方ないか・・・・。

 

自分の判断や言動で招いた結果は
決して誰のせいにもできません・・・・。

 

ですから尚のこと、相手の言いなりにならずに、
嫌なことは嫌だという気持ちを上手く伝えましょう

 

丸く収まらないケースがあったとしても、
少なくとも相手はあなたの今の状況や気持ちは
理解してくれるでしょう。

 

女性のための番外編

相手
このあとホテルに行かない?

 

あなたが女性で相手が男性の場合、
相手は立場を利用して肉体関係を迫ってくる場合も
有るかもしれませんよね・・・・。

 

 

あなた
ムリムリムリ~・・・・。汗

 

とか

 

あなた
バ~カ!!
何言ってんだ?コイツ・・・。

 

とか思っても、
あなたも特にビジネス上だとそんな本音は言えないでしょう。

 

そんな時に絶妙な効果を発揮する断り方があります。

 

あなた
こんなこと言ったら怒っちゃいますよね?でも私、本当にそれはダメなんです・・・・。

 

そういう言い方をすれば、
相手は器の小さい男だと思われたくないので

 

相手
いやいや、ただの冗談ですから!!

 

などと誤魔化すしかなくなるでしょう。

 

そして、変な噂が立って社会的信用を失うことを恐れて、
あなたとも今まで通りの付き合い方を崩すことはないでしょう。

 

この記事のネットラジオ版はコチラ

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ポイントは、自分の意志をハッキリと伝えるということです。

 

そして、相手の立場に立って、
伝わりやすくソフトな表現を心がける
ということです。

 

また、上手な断り方を身につけることは、
あなた自身のメンタルを守る上でも重要です。

 

さらに、どんなケースでも、誰が相手でも、
どんな時だって上手く話をまとめることができたなら、
常に相手とWIN-WINの関係を構築することができます。

 

そんなマネジメント能力を身につけることができたら、
本当に最高ですよね?

 

人は自分の思い描いた自分以上にはなれません・・・・。

 

セルフイメージを変えたい人はこちら

さらにセルフイメージを高めたい人はこちら

 

だから、僕も常に研究と工夫を怠らないようにしたいと思います。

一緒に成長していきましょう!!

 

ではでは。

 

《スポンサードリンク》

 - セルフマネジメント, マネージメント , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。